男性

薬で対策

早漏の様々な対策方法

男性

早漏とは、一般的にSEXの際に男性が挿入してすぐに射精してしまう事を言いますが、細かく定義されていたりする事はないです。 目安などは一応有りますが、男性自身が自分自身が早漏だと感じたらそれは早漏という事です。 早いという事に非常に強いコンプレックスを抱えている人も多く、それが原因で女性を避けるようになったり鬱になってしまう人もいるのできちんと対策する事が大切です。 対策には色々な種類があるのですが、一口に早漏と言ってもその原因によって対策方法が異なるのです。 以前までは、包茎などで刺激に弱く敏感な為に早いと考える人が多く刺激に強くするものを塗るという方法が多かったのですが、多くの場合において心因的な要因が強いという事が分かり飲み薬での対策も現在では多いです。

原因にあわせた適切な方法

刺激に弱いタイプの人は、麻酔効果のある専用の塗り薬を塗る事でペニスが鈍感になる事で対策出来るものが必要です。 どうしてもこのタイプは感度が低くなってしまうという問題があるのですが、そもそも敏感すぎる事が原因なのである意味それが効果的という事です。 多くの人が悩む心因性のものですが、これも飲み薬で対策するのが基本です。 このタイプは、経験が少ない人からED気味になった事で勃起している内に早く射精しなければという強迫観念から発症する人まで様々です。 薬によって気持ちをコントロールする事で対策出来るのです。 この様に、原因に合わせた対策をする事が今後は基本となるのです。