男性

男性特有の問題

包茎手術について

男性

包茎手術は男性特有の問題の一つです。 包茎には仮性包茎と真性包茎があり、包茎手術が必要なのは真性包茎です。真性包茎は、常に皮を被った状態ですので性行為ができないために、余分な皮を切除する包茎手術が必須となってきます。 包茎手術自体は、専門の整形外科があり、簡易でレーザーにて皮を切除するので、入院などの必要はありません。術後に3回ぐらいの通院のみで治療が行えます。 仮性包茎の場合は、常に清潔に保っていれば、性行為時には皮が剥けるので特には問題ありません。実際に女性も仮性包茎の場合は、男性が思っているほど気にはしていないようです。もちろん、包茎手術を受けても構いませんが、その分の費用が掛かってしまいます。

包茎手術は技術の進歩で痛みの心配も無し

男性特有の性器の悩みの筆頭といえばやはり包茎です。このために男性としての自信を持てないというケースすらあるのです。また、実際に亀頭が露出しないことにより、包皮炎などが発生する可能性もあるのです。 さて、そんな状況を改善するには、やはり包茎手術が最適ですが、性器に施す手術ということで、二の足を踏む男性が多いのも事実です。こうした方々は、包茎手術を行う際の痛みを気にする傾向があります。 確かに、これまでは包茎手術で麻酔を行うにしても、注射を行う必要があったため、この点を恐れる男性も多いのです。しかし、現在の包茎手術は大きく進歩しています。麻酔も専用のシートを貼付するだけでよく、注射の必要もないまま全く痛みを感じることなく終了する包茎手術が広がっているのです。